ホームプロフィール

プロフィール

徳井隆司

徳井隆司
 

カメラマンの助手からフリーになり、その後銀座の画廊の仕事を手がけ、絵画の撮影を30年近く続ける。
銀座の月光荘画廊にてソビエト絵画の販売カタログ用の写真を何万点も撮影したり、文化庁の許可を得て世界三大美術館であるトレチャコフ美術館やロシア美術館の美術展用のためにカタログやポスター用の撮影を手がける。
以後、ガレの撮影、屏風絵、お茶道具、ヴァイオリンやビオラ、チェロなどの弦楽器、その他美術品の撮影、また、スタジオでの商品撮影や人物撮影などを行っている。
月光荘

主な業務内容は、商品撮影、美術品の撮影、七五三、成人式、家族写真、証明写真、オーディション写真などの人物撮影やペット撮影、古い写真の復制、画像処理など。また、商品のデジタル撮影でのデータ渡しも行っています。
画像処理は10年以上前からやっていましたが、デジタルの時代と共に、数年前よりスタジオでの撮影をデジタル化。特に女性の証明写真は好評!!

趣味は楽器を弾くこと。
9歳からヴァイオリンを始め、60歳でビオラに魅せられ、今はビオラ人生!
上野浅草室内管弦楽団に20年所属していて、年2回の定演で頑張っています。
上野浅草室内管弦楽団